【アンケート&感想】第2弾参加者より

学生の意見【学】/一般聴講の意見【一般】
5段評価:1満足できなかった~5とても満足した

1.一番印象に残ったセクション・シーンはどこでしたか

2.1で回答のセクションの中で特にどこが印象に残りましたか

金子孵化担当と、佐々木孵化担当の孵化放流事業に対する熱い思いの対談【学】【一般】
・孵化場でどのような設備が使われ、そしてどのように変わっていくのかが興味深かった【学】
・最新設備を導入するための費用【学】
・手作りの装置、人手のいる作業の多さ、管理項目の煩雑性、それでもなおやろうとする意志の強さと仕事への誇り、守っていって欲しいという想いの強さ【一般】
対談が最も印象に残ったと意見あり、実際に働いている方の話熱意が伝わった

3.【section1】はじめに(山形県・鮭の状況・孵化の概要)の内容

4.【section1】はじめに(山形県・鮭の状況・孵化の概要)の内容の感想・よかった点・悪かった・改善点など

・卵膜を破るために、頭の近くから消化酵素が出るということを知ることができた点【学】
・特に孵化の概要が興味深かった、鮭の孵化において重要なことが良くわかった【学】
・サケの卵の特異性が理解できた【学】
・概要がまとめられていてわかりやすかった【一般】
・今年の状況を過去と比べてどうだったのかグラフで示せばわかりやすかったかもしれません。【一般】
➡はじめに山本先生の孵化についての説明があった事により、学生の皆さんがsection2の話に入っていきやすかった 。今年の鮭の状況が口頭だけでは解りにくい、グラフ符の活用も今後検討。

5.【section2】鮭の孵化場より!子育て奮闘記

6.【section2】高瀬川・箕輪・枡川の3組合への感想・意見・学んだこと・メッセージ

1)高瀬川鮭漁業生産組合への感想・意見・学んだこと・メッセージ
・このようなお話を聞く機会はあまりない、聞いていて心が動かされた【学】
・設備を手作りすることで、費用を抑えていることに驚き、増殖事業の課題である設備費用をうまく解決している【学】
・技術が高く継承もきちんとされていて、歴史を感じた【学】
・先に撮っていた映像が分かりやすかった【一般】
カリスマ金子さんの話がとても面白かった【一般】

2)箕輪鮭漁業生産組合への感想・意見・学んだこと・メッセージ
・丸池様の水位の高さを利用して、孵化場に水を届けている というお話に感心した【学】
・綺麗な景色や作業の詳細について紹介してくださり有難うございました【学】
・餌のやり方を変えることで均等に稚魚を育てる工夫に興味を持ちました【学】
・稚魚飼育用水を確保するため、水位を上げる工夫【一般】
・専門用語などの説明をした一覧をつけて欲しい【一般】

3)枡川鮭漁業生産組合への感想・意見・学んだこと・メッセージ
・実際の孵化作業の様子やどのような設備を使っているのかがよくわかった【学】
・具体的なビジョンを想像することができた【学】
・最新式の養殖施設を建てられていた【学】
・耳石に固有の記号を記録する作業【一般】
・最新鋭の設備を入れてもここまで大変なのかと愕然とした【一般】
それぞれの特徴を明確に伝えた3組合長による説明が参加者の興味関心を集め、学生が魅力を感じる事ができた。

7.【section3】全員参加ディスカッション!について

8.【section3】感想・意見・学んだこと
・同年代ながらエネルギッシュな方がとても多くて驚くとともに奮起させられた【学】
・全体ディスカッションの面白さというものを感じた【学】
・観光、ベンチャーなど様々な視点からサケ事業のことを考えることができ勉強になった【学】
・稚魚を育て、戻ってくることへのロマンや熱意が多く語られていた【学】
・大勢がいるところで「どう思いましたか?」という質問をされても、発言しにくい【学】
・若い人からの感想をもっと聞きたかった【一般】
・遊佐の高校生もサケを学ぶ機会をつくりたい【一般】
・10代の若者の参加も大事だが、中間層(20代・30代・40代)の若手の参加も検討してほしい【一般】
➡多くの事を学んだという意見がある中で、発言しにくいという意見があった。ディスカッションを始める前に、学生とのコミュニケーションの場を作るなどして、学生が発言しやすい場を検討。

9.【1】この仕事(事業)の魅力を感じるかどうか?併せて、我々と若い方が感じる魅力のギャップについて(こんなところにギャップがある、等)
・資源造成が主目的だという圧力をなんとなく受けながら仕事をするというのは、あまり魅力には感じられない【学】
・従事者が味わう「稚魚を放流する苦労と、その稚魚が親として帰ってきた喜び」を若い方が共有できない【学】
・今まで沢山のお話を聞いてきたため、魅力的な仕事だと感じます【学】
・デイスカッションで上げられていた観光と結びつけサケ事業の事を知ってもらうことは幅広い世代に有効な方法【学】
・快適に過ごせる場所、給料についての審査の方が達成感より重要視してしまっている【学】
・居住環境や職場の人間関係など、仕事に魅力があったとしても新規で水産業には参入しない【学】
・魅力は自然と鮭という生き物を育てること【学】
・実際に現場でやってみないと、魅力を感じてもらうのは難しい【一般】
事業に対しての魅力を感じる人もいれば、そうでない人もいる。事業の魅力だけではなく、生活環境を整え発信する必要がある。

10.【2】鮭の事業(作業)を見てどんな魅力を感じましたか?

・自分なりの「こだわり」をもって、真摯に生き物と向き合うこと【学】
・丹精込めて育てた稚魚を放流し、やがて帰ってくるということへの感動や達成感を感じられる【学】
・自然豊かな場所で働けるのはとても魅力的【学】
・生き急いでいる若者からすると、現状ではあまり魅力に感じられない【学】
・冷たい(寒い)環境の印象を受けた【一般】
・寒い中なので結構重労働【一般】
・思った以上に繊細で複雑、これを人手でやるのは大変【一般】
➡学生は「こだわり」、「信念」、「達成感」「自然」などに魅力を感じる人が多い一方で、一般聴講は「重労働」「自然環境の厳しさ」を感じている。

11.【3】この事業(作業)をやるとなった場合の魅力や可能性
・生き物が命をつなげられるように手助けをする、その一役を担うという点は大変魅力的【学】
・先輩方の積み重ねてきたものや、自分が育てた稚魚が帰ってきたときの感動などが続けるための原動力【学】
・丹精込めて育てたサケが数年後に帰ってくることがこの事業を実際にやる場合の魅力である【学】
・魅力を生かした生産物が多くそこでしか作れないという他との差別化する【学】
・魅力は育てたサケが帰って来ることと、いろいろな立場からの評価が必要【一般】
・多く出る廃棄物を原料に、地域の再生可能エネルギーを活用するペットフードビジネス【一般】
・2回のリモートイベントだけでここまで求めるのは早急すぎる【一般】
➡自分の育てた稚魚が戻ってくることは魅力なのでは、と感じる人もいれば、2回目にリモートイベントだけで意見を求めるのは早いとの意見もあり。

12.こういう制度・仕組みがあれば体験してみたいという参考、事例のインターン・体験ツアーなどがあれば是非教えてください。
・イベント参加者が放流事業を魅力あるものにするための具体案を考え、その案を経営のプロに評価・判定してもらう【学】
・土日だけのツアー、長期休みのツアーなど小・中・高生が参加するツアー【学】
・観光ができ、その場所やそこに住む人々と話すことが重要【学】
・観光の面では大きな伸びしろがある、民間の業者を導入した方がうまくいく【一般】
・鮭の里親事業:採捕・採卵時期と放流時期に現地で作業を実体験してもらう事業【一般】
・地域おこし協力隊の制度を活用する【一般】
➡採取~放流までの流れを体験できる場へのニーズがある。ツアー等を行う際は、事業だけでなく遊佐町も観光も含んだツアーで環境の魅力を発信を。

13.知りたい内容・見たいシーンがあれば教えてください
・放流事業と農家の収入の割合を教えていただきたい【学】
・サクラマス養殖【学】
・若い人たちには「入門」的な映像が必要【一般】
・サケの高機能成分と効用【一般】
・スタデイツアー時以外に、相談できる機会が欲しい【一般】

その他、自由解答
・意見出しを行う場合、発言者がより発言しやすい環境を整えてほしい【学】
・事務局はご苦労さまですが、IT技術を多様に活用するキッカケになると【一般】
・情報発信の必要性がひしひしと伝わった、今後ともぜひ継続して取り組んで欲しい【一般】
・サケの大量斃死を招くニュースを見た、鮭が遡上する川へ道路排水を直接流さないよう、環境保全して欲しいと願う。【一般】

関連記事

レポート

資料

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 【活動紹介】水産ビジネス創出研究会について

  2. スペシャリストの学生時代

  3. 【レポート】山形大学・永洞史織さん

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP